2009年05月09日

度・分・秒へ変換

グーグルマップのリンク機能のURIを使って

知ることのできる緯度・経度は、

単位が度になっています。



例えば、グーグルマップで、

富士山山頂へリンクするURIを見ると、

http://maps.google.co.jp/maps?ie=UTF8&ll=35.366588,138.729657…

ということで、緯度・経度は、

それぞれ以下のようになります。



緯度:35.366588度
経度:138.729657度



経度・緯度の単位は、度だけでなく、

度と分、秒で表すこともできます。



その単位で表すと、

上記の緯度・経度の小数点以下の数値は、

分、秒になります。



なので、上記の緯度35.366588度では、

35度と、0.366588度に分けて考えます。



0.366588度を、分と秒にするのですが、

まず分にします。



角度において、1度と分の関係には、

六十分法といったものを用いるそうで、

1度を60等分した1つが1分となり

1度は、60分となります。

(1度を1時間と覚えておくといいかもしれないですね)



なので、

0.366588度を分にするには、

その値に60を掛けます。



0.366588×60=21.99528分



21分とちょっと…ということになりますね。

これを、21分と0.99528分に分けて考えます。

0.99528分は、秒にできます。

ということで、次に秒にします。



1分は、60秒なので、

0.99528分に、60を掛けます。



0.99528×60=59.7168秒

59秒とちょっとということになります。

小数点以下は、ミリ秒です。



ということで、

緯度35.366588度は、

35度と、21分と、59.7168秒

ということになります。



一方の経度の方は、138.729657度なので、

整数部分と小数部分を分けて考えます。

138度と0.729657度なので、

0.729657×60=43.77942分

43分と、0.77942分なので、

0.77942×60=46.7652秒



ということで、

経度:138.729657度=138度43分46.7652秒です。



以下に変換のフォームを作ってみました。

半角文字で度数を書き込んでボタンをクリックすると、

度・分・秒に変換して表示します。



緯度または緯度:
35度21分59.7168秒











posted by A470 at 02:00 | EXIF | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。